マルニ木工の「耳」の椅子

うさぎの耳をした椅子というと、どんな椅子を想像しますか。マルニ木工が製作販売している椅子の中に、背もたれの部分がうさぎの耳の形をしたとてもユニークなアイテムがあります。この椅子は合計4種類が展開されていて、多少形や大きさが異なっています。そのうちの2種類はナチュラルな色1色が用意されていますが、後の2種類は5色が用意されています。

軽い木製のアームレスチェア

マルニ木工の「Lightwood」と呼ばれるシリーズの中に、メッシュシートのチェアが含まれています。この椅子はアッシュ材、オーク材、メープル材の3種類の木が使わています。軽い椅子で、重さは約2.5キロしかありません。しかし、大変強度の強い椅子に仕上げられています。ファブリックがメッシュになっているため通気性が良く、しかもデザイン性も高いアイテムとなっています。

ワイ・エム・ケー長岡の代表作

ワイ・エム・ケー長岡といえば、この椅子といえるほど有名なアームレスチェアがあります。それは剣持勇がデザインしたアームレスチェアです。椅子全体が籐でできていて全体的に丸みを帯びた椅子です。この椅子が誕生したのは1960年のことで、ホテルニュージャパンのバーラウンジで使用するため、特別にデザインされたアイテムです。

イトーキのダイニングチェア

イトーキのダイニングチェアもデザインにこだわったアイテムです。スタッキングできる椅子で、スペースが取られないため収納するのにとても便利です。座面と背もたれの部分はビニールレザーが使用されていて、4色の中から選ぶことができます。このダイニングチェアは受注生産という扱いで、注文してから手に入るまで約2週間待つ必要があります。

アルペール/リーフ アームレスチェア

イタリアのブランド、アルペールに「リーフ アームレスチェア」というアイテムがあります。葉脈をイメージして作られたスチールロッドが使用されているシンプルなデザインの椅子です。屋外でも使用に耐えられる強度の強い椅子です。強度に自信があるためか保証期間は5年もあります。色は合計3色のカラーが展開されています。

今回はデザインにこだわったアームレスチェアをご紹介しました。マルニ木工の背もたれがうさぎの耳の形をした椅子はとてもユニークなデザインです。全体が丸みを帯びた籐でできた椅子は、ワイ・エム・ケー長岡の代表作になります。アルペールのリーフアームレスチェアは葉脈をイメージして作られたアイテムでスチール製の椅子です。