キャンドルにはどんなデザインがある?キャンドルのデザインを紹介

未分類

キャンドルにも色々な種類があります。ラウンドキャンドルやスクエアキャンドルといったベーシックな形をしたキャンドルから和ろうそく、フローティングキャンドル、カップキャンドルなど様々です。今回は、キャンドルの基本的なデザインをご紹介します。

 

よく見かけるベーシックなキャンドル

【ラウンドキャンドル】
円錐の形をしたキャンドルです。底面の広いキャンドルで、安定しているのが特徴です。
【スクエアキャンドル】
正方形の形になったキャンドルです。キューブキャンドルともいいます。販売店によっては、正方形でなく四角錐の形をしたものでも、スクエアキャンドルとして販売しています。
【テーパーキャンドル】
細長いキャンドルで、結婚式や魔術などでもよく用いられるキャンドルです。

キレイな図柄が描かれている和ろうそく

一般的なろうそくが綿糸でできているのに対して、和ろうそくは芯が和紙やい草によって作られています。和ろうそくは仏事で使用されるろうそくですが、しかし最近は華やかな図柄の和ろうそくも多く、それらはインテリアとしても使用されています。図柄は花を描いたものや、ひな祭り用としてお内裏様とお雛様を描いたもの、またバレンタイン用として描かれた和ろうそくもあります。

フローティングキャンドル

フローティングキャンドルとは水に浮かべて火を灯すキャンドルのことです。華やかな席に似合うキャンドルで、そのため結婚式などで使われることもあります。また、花びらを一緒に浮かべて楽しむようにしている人もいます。見た目の涼しさが得られるので、夏にぴったりのキャンドルと言えるかもしれません。、
水に浮かべているために安全性が高く、垂れもほとんど気にする必要がないキャンドルです。

色々な形があるモチーフキャンドル

モチーフキャンドルとは花やキャラクター、動物など色々な形のキャンドルのことを言います。例えば、画像のアイテムはデコレーションケーキと見間違えるかもしれませんが、実はデコレーションケーキをモチーフにしたキャンドルです。他にも、クリスマスケーキや松ぼっくり、新郎新婦を型どったキャンドルなど色々なアイテムがあります。

器に流し込むタイプのキャンドル

キャンドルの中には、直接器にワックスを流し込んで作ったものもあります。ガラスや金属製の缶、また陶器など器は不燃性のものが使われています。
アメリカ製のグラスキャンドルには、飲み物に間違えやすい蓋付きのキャンドルがあります。蓋付きのキャンドルは芯の折れを心配する必要がないため、持ち運びに便利です。

今回はキャンドルの種類をご紹介しました。キャンドルと言っても、色々な種類のキャンドルがあります。中には、火をつけるには勿体無いように感じるモチーフキャンドルやキレイな図柄が入った和ろうそくもあります。
家族で、また友人を呼んでホームパーティーを楽しむときに、そうしたキャンドルを活用するのはいかがでしょうか。パーティーが華やかな雰囲気になることでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました