チートデイチートデイ 過ごし方【女性体験談】頻度/翌日は?コツ?やり方/何食べる?

その他

ダイエット停滞期を上手く脱出するためのチートデイ。

今回は、チートデイの過ごし方について60代前半女性にお話をお聞きしました。

  1. チートデイの頻度(周期)についてお尋ねします。チートデイを1週間に何回、また月に何回に設定しましたか?
  2. 生理前、生理中、生理後の、どのタイミングでチートデイをしましたか?
  3. チートデイをやろうとしたきっかけや理由を教えてください
  4. チートデイ中の摂取カロリーを気にしていましたか?気にしていた場合、摂取カロリーの目安を教えてください。
  5. チートデイに食べるものでおすすめの食事がありますか?
  6. どのようなやり方、方法をしましたか?またコツがあれば教えてください
  7. チートデイの翌日についてお尋ねします。食事(摂取カロリー)を直ぐに元に戻しましたか?つらく感じたり、だるかったりしたことはありましたか?
  8. チートデイをしても停滞期から抜け出せないことはありましたか?
  9. チートデイで太るのが怖いと思うことがありましたか?
  10. チートデイの影響は何かありましたか?またチートデイをする注意点を教えてください。例)おなら、胃もたれ、眠い、吐きそう、きつい、気持ち悪い
  11. チートデイをやった感想を教えてください。
  12. チートデイはなぜ効果があるのですか?またチートデイの何日後に、どのような効果があったか教えてください。
  13. チートデイのメリットを教えてください
  14. チートデイのデメリットを教えてください
  15. あなたのチートデイの過ごし方の結果をまとめてください

チートデイの頻度(周期)についてお尋ねします。チートデイを1週間に何回、また月に何回に設定しましたか?

一週間に1貝

生理前、生理中、生理後の、どのタイミングでチートデイをしましたか?

生理後

チートデイをやろうとしたきっかけや理由を教えてください

ダイエットしていて、ある程度までは順調に体重が落ちたのに停滞期来て、体重が減らなくなってしまったのです。これではダイエットをする張り合いがなく続けるのが難しくなっていました。それと、いつも食べることを我慢しているので、美味しい物をお腹いっぱい食べたいというストレスをかなり抱えていました。友達から食事に誘われても断ったり、自分だけメインの食事を注文しないでサラダにしたりして楽しくなかったのです。そこで、ダイエットを無理なく続け、食べたいものを食べる日があってもよいとしてチートデイを設けました。

チートデイ中の摂取カロリーを気にしていましたか?気にしていた場合、摂取カロリーの目安を教えてください。

多少気にしていました。2000kcal位。

チートデイに食べるものでおすすめの食事がありますか?

脂肪の少ない赤み肉のローストビーフ

どのようなやり方、方法をしましたか?またコツがあれば教えてください

前日から肉を買ってきて大量のローストビーフを作っておきました。付け合わせの野菜や具だくさんのスープも煮込んでおいて、チートデイに向けて食べる準備をしました。チートデイは、体が食べ物を消費することに体力を使うため運動を控えた方がいいので、前日のうちに軽くジムに行って汗を流しておき、チートデイ当日は運動は控えてのんびりゆったりと過ごすようにしました。そして1日中、美味しい物を食べて心と体が満たされるのを感じました。

チートデイの翌日についてお尋ねします。食事(摂取カロリー)を直ぐに元に戻しましたか?つらく感じたり、だるかったりしたことはありましたか?

胃腸が疲れているので、胃腸に優しい物を食べました。だるくはありませんでした。

チートデイをしても停滞期から抜け出せないことはありましたか?

ありました。体脂肪がなかなか落ちなかったです。運動をして筋肉量を増やす必要がありました。

チートデイで太るのが怖いと思うことがありましたか?

最初は、食べることを止められなかったら困ると思いました。

チートデイの影響は何かありましたか?またチートデイをする注意点を教えてください。例)おなら、胃もたれ、眠い、吐きそう、きつい、気持ち悪い

急にたくさん食べるので、便秘になりました。

チートデイをやった感想を教えてください。

ダイエットを継続させるために自分で必要だと思ったら、やってみてもよいと思いました。自分はもともと食べることが好きなので、常に「チートデイになったら何を食べようかな。」と思いながら日々を過ごしています。いつも我慢しているので、チートデイに食べると、食べ物のおいしさを噛みしめて味わうことができるようになりました。体の隅々まで栄養が行き渡っていくような感じがしました。楽しみがあってダイエットも楽しいです。

チートデイはなぜ効果があるのですか?またチートデイの何日後に、どのような効果があったか教えてください。

いつもは摂取カロリーが少なく、体が飢餓状態になっており、それに合わせて体が消費カロリーを節約しています。しかし、大量にカロリーを摂取すると体が(もう節約しなくてもよい)と思い、代謝がよくなるのだそうです。チートデイの後は、またダイエットの効果が表れてきます。チートデイの日は体重が一時的に増えますが、3日後にはチートデイ前に戻っています。たくさん美味しい物を食べたのだからと、またダイエットを頑張れます。

チートデイのメリットを教えてください

ダイエットを無理なく続けることができます。食べたいものを食べないで我慢ばかりしているとストレスが溜まりますが、チートデイに好きなものを食べてストレスを解消することができます。また、体重のヘリが悪くなった停滞期を乗り越えて、また体重を減らすことができるようになります。チートデイを計画的に取り入れることで、友達との食事にも行けるし、テレビで見た美味しい物も食べに出掛けることができて楽しみが広がります。

チートデイのデメリットを教えてください

食べ過ぎるとお腹が痛くなることがあります。普段は腹八分目にしか食べていないので胃腸がか弱くなっているために、急にたくさん食べると胃腸がびっくりしていたくなることがあります。だから、胃薬を飲みながら好きな物や食べたかったものをチートデイに食べているという日があります。せっかく小さくなった胃がチートデイでたくさん食べてまた膨らんでしまうと、その後は満腹になるまで食べたいという衝動に駆られることもあり、自分の食欲と葛藤します。

あなたのチートデイの過ごし方の結果をまとめてください

一つは、家でゆっくりと見たかった映画を観ながら、お酒を飲んだりワインを飲んだりして過ごします。前日に飲食物は用意してあるので、朝起きてお腹が空いたら食べたいものをゆっくりと時間をかけて食べます。二つ目は、友達と外食に出掛けます。行ってみたかったお店を予約して置いて、並ばずに入れるようにします。好きなメニューを好きなだけ選んで注文し、思い切り食べます。友達が困惑すると困るのであらかじめ「今日はチートデイだから食べるね。料金はちゃんと食べた分だけ支払うからね。」と告げておきます。そうしないと、あまりの食欲に友達が驚くかもしれないからです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました