とうもろこし ダイエット 効果ある?不向き?太る?【口コミ/体験談】時間は?

ダイエット方法 一覧

タンパク質が豊富で、GI値が白米よりも低いとうもろこし。

そのため、ダイエット食材としても活用されています。

今回は、とうもろこしダイエットに成功した38歳女性にお話しをお聞きしました。

とうもろこしダイエット1週間で、また1ヶ月で何キロ痩せましたか?効果を実感したのは、いつからですか?

1ヶ月で4キロ痩せました。

ビフォーアフターを教えてください。どれくらいの期間続け、何キロ減りましたか?見た目の変化はありましたか?

55が45になりました。

とうもろこしをいつ食べましたか?食べるタイミングを教えてください。例)朝食、昼食、夕食、三食毎食、寝る前、間食

朝と夕方と寝る前、おやつに

とうもろこしダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

今までの服が着れなくなった。位 今までの服が着れなくなった 好きな人ができた、健康診断の結果を見て水着などで露出する機会があるから、人に指摘された、現在チャレンジ中です! 絶対元の体重に戻って、クローゼットの服を着ます!!! 好きになった人がすごいイケメンだったので、その人につりあうようにダイエットやファッションに気を使うようになりました 多少の苦労も、恋人のためなら我慢できる 久々に体重を量ったら想像してたよりも増えていたことにショックを覚え、食事制限を始めた。

とうもろこしに置き換えるなど、どのようなやり方・食べ方をしましたか?

食べるタイミングは、ダイエット中の小腹が空いた時やおやつにしたり、主食に置き換えてカロリーを減らすのに用いるとよいでしょう。 調理法・食べ方 とうもろこしは生を調理しても缶詰でも、どちらでも使えますが、生とうもろこしの方がビタミン類やたんぱく質・食物繊維等栄養成分が豊富です。生とうもろこしの調理法は水から茹でる、熱湯で茹でる、蒸す、レンジ加熱などどの方法でも構いません。ここでは簡単で栄養成分を逃さない電子レンジで調理。

1日で食べるとうもろこしの摂取量(何本など)を教えてください。

一日4本

とうもろこしはダイエット向きでおすすめですか?それとも不向きですか?なぜそう思うか感想を含めて教えてください。

 

筋トレなど運動はしましたか?何の運動ですか?例)有酸素運動など

スクワット、ジョギング、プランクなどをしていました。

とうもろこしダイエットはなぜ痩せるのですか?痩せる理由も教えてください。

トウモロコシのカロリーはご飯より低く、ご飯100グラムが約160kcalなのに対し、ご飯を同量の茹でトウモロコシに替えれば、約99kcalとなります。同じ量でも、ご飯より約60kcalも低く抑えられるのです。飯に比べ糖質は半分ほどしかありません。炭水化物と同時に、糖質制限ダイエットも押さえられるのです。利尿作用や便秘の解消などの効能があり、余分な水分や老廃物の排泄に働くため、ダイエット効果が期待できるでしょう

とうもろこしダイエットで、一時的に太ることはありましたか?

無かったです。

とうもろこしダイエットのメリットを教えてください

トウモロコシのカロリーはご飯より低く、ご飯100グラムが約160kcalなのに対し、ご飯を同量の茹でトウモロコシに替えれば、約99kcalとなります。同じ量でも、ご飯より約60kcalも低く抑えられるのです。飯に比べ糖質は半分ほどしかありません。炭水化物と同時に、糖質制限ダイエットも押さえられるのです。利尿作用や便秘の解消などの効能があり、余分な水分や老廃物の排泄に働くため、ダイエット効果が期待できるでしょう

とうもろこしダイエットのデメリットを教えてください

食べ辛くむきにくく気軽に食べれなくまた調理もじゃっかん難しく時間がかかるのがネックで弱点だと思います。つぶが細かいものだと歯の隙間にも入り込みやすく歯磨きをしてもなかなかとれないという点がとても難しいと思います。あと食べた後の残骸がまだが悪いのが少し食べて料理するのに気が向けません。でもトウモロコシの栄養を考えるとダイエットの目的も含めてそのほうがメリットが高いと思いました。またスーパーなどで価格が高騰しているため間話には手に入りにくくなったというのがあります。

あなたのとうもろこしダイエット実践結果のまとめを教えてください

食物繊維は腸内環境を整え、腸の動きも活発にしてくれるので便秘の解消や大腸がんの予防対策しています。 そして、便秘は肌荒れの原因でもあるので美肌づくりにも有効な栄養となります。 また血中コレステロールや血糖値の上昇を抑える働きがあり、高血圧や肥満、糖尿病の予防にもなっています。 糖分をエネルギーに変えるのに大切な栄養で、不足するとイライラしてしまったり、注意力向上など脳にも影響しています。 また、ビタミンB1はアルコールの代謝にも関わるほか、疲労回復効果もあり、肩こりや手足のしびれなどを予防されてる実感があります。 活性酸素は老化の原因になりビタミンEは若返りビタミンやエイジングケア効果があるので実感しています

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました