枝豆ダイエット【体験談】食べ方・やり方・効果や口コミ・デメリット・太る?方法

ダイエット方法 一覧

栄養価が高く、ダイエットの食税として人気の枝豆。

今回は、枝豆ダイエットを実践した35歳会社員(女性)の方にお話をお聞きしました。

枝豆ダイエット1週間で、また1ヶ月で何キロ痩せましたか?効果を実感したのは、いつからですか?

1週間では効果なく、1ヶ月で1.5kgほど痩せました。2週間目くらいから効果を感じられます。

ビフォーアフターを教えてください。

54キロ→52kg

枝豆をいつ食べるようにしましたか?食べるタイミングを教えてください。例)朝、夜、寝る前、間食

夕食時に食事のはじめに枝豆を食べれるだけ食べる。

枝豆ダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

バナナダイエットや置き換えダイエットも試しましたが、全く効果がなく、自分には甘いものよりしょっぱいものを使ったダイエットの方が向いているのではないかと思い、はじめてみました。お酒は飲まないのですが、お酒のつまみになるものが好きで、枝豆もその一つだったので、罪悪感なく続けられましたし、枝豆は一応野菜の一つなので、栄養のあるものを食べながら楽して痩せることができるとても魅力的なダイエットだと思っています。

枝豆の一日の摂取量を教えてください。

250gくらい

どのような食べ方、やり方をしましたか?方法を教えてください。

市販のものや冷凍のものはすでに味付けされていて、しかも塩分が多いので、できるだけ自分で調理するようにしました。野菜を多く取り扱っているスーパーであれば、野菜売り場で枝豆を購入することができるので、いつもまとめて購入し、一度に茹でで、冷凍しておきました。冷凍であればすぐに食べることができ、食事中だけでなく間食でも食べられるので便利です。味付けをしないで食べると結構きついので、いつも食べる前に塩やお醤油などその日の気分で使い分けていました。

枝豆ダイエットはなぜ痩せるのですか?痩せる理由も教えてください。

食事前に枝豆を食べると、よく噛むし、皮がついている状態だと、少量でも皮の量を見るとたくさん食べたような気持ちになるので、自然と食欲を抑えられるような気がします。枝豆を食事に加えるようになって、毎食食べている白米の量が少なくなりました。また枝豆も野菜の一つで、栄養価もとても高いので、食事に加えるだけで栄養バランスは良くなりますし、お通じも良くなるので、その点もダイエットに効果大だと効果大だと思います。

枝豆はダイエット向きですか?不向きですか?その理由も教えてください


ダイエットに向いていると思います。私のようにバナナやプロテインなど甘いものに置き換えるダイエットだと食事をしたつもりにならない人にはとても向いていると思います。自分で調理すれば塩分量なども自分好みに調節できますし、冷凍しておけばすぐに食べることができ、小腹がすいた時や、日々食べているお菓子やスナックと置き換えることもできます。またタッパーなどに入れて持ち歩くのにも便利なサイズなので、それらの点含めて簡単に始められるダイエットです。

枝豆ダイエットのメリットを教えてください。

枝豆ダイエットのメリットを簡単に説明すると、カンタン・手軽・美味しい・継続できるというところです。まず調理も簡単なので、豆を茹でれば良いだけですし、茹でるのも億劫な方はスーパーだけでなくコンビニでも冷凍枝豆を購入することができます。手軽に食べられるところも魅力の一つで、手も汚れません。一番重要ですが、美味しいところもダイエットとして重要なポイントの一つで、美味しいものを食べれば良いだけのダイエットであれば、長く続けていくことができます。

枝豆ダイエットのデメリットを教えてください

枝豆を自分で調理せず、コンビニやスーパー等で購入できる調理済みのものや冷凍食品などを利用すると、塩分量がかなり高くなります。ダイエットにはなるかもしれませんが、塩分の摂りすぎや高血圧の元なので、できる限り自分で調理した枝豆でダイエットを進めていくことをお勧めします。もう一つのデメリットとしては健康的にはとってもよいのですが、野菜嫌いな方には枝豆は野菜の一つなので、継続していくのが辛いかもしれません。

あなたの枝豆ダイエット実践結果のまとめを教えてください

枝豆ダイエットを始めて、無理なく楽しく美味しく、継続することができ、1ヶ月ほどで2キロ近いダイエットに成功しました。ダイエットの効果は人それぞれ違うかと思いますが、無理なく続けられる点、美味しく楽しく続けられる点は多くの人に共通して言えることだと思うので、これまでのダイエットはあまり継続しなかったという人にも一度試してみることをお勧めします。下準備なく手軽に始めることができるので、思い立ったらすぐに始めてみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました