ジェネリック家具とは?

家具や車、衣類などのデザインは他者が無断で使用できないよう意匠法によって保護されています。これを意匠権と言います。意匠権があるデザインを他者が断りもなく勝手に使用することは法律上許されていません。
しかし、意匠権は20年という期限があり、それを過ぎたデザインは自由に使用することができます。その意匠権が切れた家具をジェネリック家具と言います。

ジェネリックと呼ぶ理由とメリット

意匠権が切れた家具をジェネリック家具と呼ぶのは、その仕組みジェネリック医薬品と同じ仕組みだからです。特許が切れた医薬品については特許料を支払うことなく自由に製造することが許されています。同じように意匠権が切れた家具もデザイン料を支払うことなく自由に使用することができます。そのため同じデザインでも、ジェネリック家具は正規品よりも安い価格で入手することができるというメリットがあります。

イームズのシェルチェア

家具のデザインとして絶大な人気を誇っているのは「イームズ」です。イームズとはチャールズ・イームズとレイ・イームズが手がけたデザインのブランド名です。その中でも、60年以上昔にデザインされたシェルチェアは今だに世界中の人々から愛されています。ジェネリック家具でも扱われているイームズのシェルチェアはダイニングテーブルの椅子、パソコン用の椅子などいろいろなシーンで大活躍します。

コルビジェがデザインしたソファー

コルビジェが手がけたデザインもジェネリック家具になっています。コルビジェがデザインしたソファーは特に人気の高いアイテムです。近代建築の三大巨匠の1人として称されるコルビジェのソファーは、デザインの素晴らしさと座ったときの快適性を兼ね備えたアイテムとして、何十年にも渡って世界中の人々を魅了してきました。コルビジェがデザインしたソファーを取り入れてみませんか。

ジェネリック家具は注意も必要

ジェネリック家具は正規品よりもリーズナブルな価格で入手できることが最大のメリットです。しかし、注意も必要です。ジェネリック家具は各メーカーによっての品質がバラバラだからです。残念なことに中には粗悪品と言えるような作りのジェネリック家具もありますが、質の高いジェネリック家具もたくさんあります。品質をよく見極めてジェネリック家具を楽しまれるようにおすすめします。

今回はジェネリック家具について取り上げてみました。ジェネリック家具とは意匠権が切れた家具のことで、正規品よりもリーズナブルに購入できることが魅力です。世界中の人々から愛されているイームズやコルビジェのソファーもジェネリック家具になっています。しかし、ジェネリック家具はメーカーによって品質が異なりますので、良く吟味して購入するようにおすすめします。