グルテンフリーダイエット【体験談】やり方や期間について・効果はいつから?痩せた?

食事系

小麦食品をカットし理想の体型、体重を目指すグルテンフリーダイエット。

今回は、グルテンフリーダイエットを実践した40歳代前半女性会社員の方にお話をお聞きしました。

グルテンフリーダイエットをどれほどの期間続けましたか?いつから効果を感じ始めましたか?

半年くらい

1ヶ月で何キロ痩せましたか?トータルで何キロ痩せましたか?

53キロ→50キロ

グルテンフリーダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

自分ではそこまで気にしていなかったのですが、そのとき付き合っていた人に、私がよく食べ、太っていることを指摘されたので、悔しくてダイエットをしようと決意しました。ですが、そのとき仕事も忙しかったので、急激なダイエットをして失敗してリバウンドしてしまうのが嫌でした。そこで、普段の生活を少し変えるだけでできるダイエット法を探し、ネットでよい評判が載っていたグルテンフリーダイエットを始めてみようと思いました。

どんなやり方をしましたか?

とにかく炭水化物を抜くことだけを意識したダイエットをしました。炭水化物を抜く代わりに、空腹はタンパク質や海藻類で満たしました。一番摂りやすいものは豆腐、納豆、こんにゃくを毎日夕食には欠かさず食べてから他のものを食べるようにしました。朝もバナナと緑黄色野菜のスムージーのみにし、パンやご飯を控えました。その代わり、ストレスが溜まらないようにおやつは食べていました。おやつも小麦粉を使った物ではなく、カロリーゼロのゼリーやアイス、チョコレートを選らびました。

献立や食事で気を付けたことがあれば教えてください。

タンパク質や海藻類を多く摂りました。

グルテンフリーダイエットはなぜ痩せるのですか?痩せる理由も教えてください。

まず、炭水化物を抜くだけでかなりのカロリーを減らすことができるからだと思います。その分、おかずの量を増やさないとお腹が満たされないのですが、おかずをカロリーのなるべく低い物にすれば、量を食べても、ご飯一杯には届きません。そして、グルテンフリーにすることで、体が次第にグルテンがない状態になれていき、そんなに炭水化物系を食べなくても満足中枢が満足するようになるからだと思います。初めは物足りなく感じますが、慣れるとそんなに辛く感じないというのも、継続できる理由だと思います。

グルテンフリーダイエットをやった感想を教えてください。

炭水化物を抜くことは初めはとても大変で、どうしても食べたくなってしまいますが、慣れてくると炭水化物なしが心地よく、お腹への負担が少ないことが実感できました。炭水化物をしばらく抜いていると、体の調子もよくなり、快適に過ごせたように思います。グルテン以外のおかずやお菓子はあまり無理せずに食べていたので、体重は、そこまでガクンとは減りませんでしたが、徐々に減っていき、無理のないダイエット方法で継続しやすいと感じました。

グルテンフリーダイエットのメリットを教えてください。

お腹に溜まらないので、消化がよく、朝起きたときにとてもお腹が空いて気持ちよく起きれます。おかずやお菓子を無理せずに食べれるので、継続的に行うことができると思います。おかずの量は増えましたが、いろいろな種類のおかずを作るようになり、料理のレパートリーが増えました。また、ご飯を炊かなくてよい、注文しなくてよいとなると、お米代やライスにかかる費用を抑えることができ、食費が抑えられたというのもメリットです。ご飯を炊く手間も省けて、朝、時間がない私にはちょど合っていたと思います。

グルテンフリーダイエットのデメリットを教えてください

おかずをたくさん作らなければならないことが面倒ではありました。時に、ボリュームがあるものが食べたく、揚げ物のおかずなどを買ってしまうこともあり、ご飯一杯分より高カロリーになってしまったかなと思うときもありました。他、友達との食事やデートでもグルテンフリーダイエットを打ち明けるかもしくは、それとなく炭水化物を避けて、食べたふりをしながら食べずに過ごすということが必要で、それは面倒だったように思います。

あなたのグルテンフリーダイエット実践結果のまとめを教えてください

結果、体重は徐々に減っていく感じで3キロ減らすことができました。消化がよく、胃が小さくなったように感じました。また、おかず料理のレパートリーが増え、お米代の食費が抑えられた、ご飯を炊く時間がなくなった点はよかったと思います。ただ、グルテンフリーにしているストレスから、おかずやお菓子は他のダイエットよりは少し自分に甘くなってしまうという傾向があるように思いました。しかし、それだからこそ、継続できるダイエット法でもあるように思います。普段の生活に無理なく継続しやすい方法だと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました