犬はとうもろこしを食べても大丈夫?芯は?

人間の好きなものは犬も好きなので、ついつい与えてしまうという人も多いでしょう。しかし、人間が食べられるものでも、犬に与えてはいけないものがあるのをご存知ですか?知らずに与えてしまうと、大変なことになってしまいます。

与えていけないというのは正確な情報ではない

犬にトウモロコシをあげてはいけないと聞いたことがある飼い主も多いでしょう。しかし、犬にトウモロコシをあげてはいけないという情報は正確ではありません。なぜなら、トウモロコシは犬にとっても栄養豊かな食べ物で、ドックフードの原材料としても使われているからです。しかし、与える部分と与え方には注意が必要です。

与えても良い部分と与えてはいけない部分

トウモロコシには犬に与えても良い部分と与えてはいけない部分があります。犬に与えても良いのは、トウモロコシの黄色い部分(穎果または子実と呼ばれている)です。その部分にはリノール酸、ビタミンB1、B2、ビタミンE といったビタミン群、食物繊維、カルシウムやマグネシウムといったミネラルが豊富に含まれていて、犬の健康にも貢献する栄養素です。

与え方には注意が必要

トウモロコシの黄色い部分は基本的に与えても問題ありませんが、与え方には注意が必要です。トウモロコシは、食物繊維が豊富なために消化が悪く、一度にたくさん食べると、消化器官に過度の負担がかかります。そのために吐いたり、下痢を起こしたりすることがあります。なので、犬にトウモロコシを与える場合には、少量(10-15g程度)にしましょう。

アレルギー体質かに注意する

トウモロコシの可食部分は消化器に負担をかけるだけでなく、アレルギーの原因となることもあります。もちろんすべての犬がアレルギー反応を示すわけではありません。しかし中には、トウモロコシを食べることで蕁麻疹や湿疹の症状を起こす犬もいます。また、目の充血や嘔吐をするケースもあります。なので、初めてトウモロコシを与える場合には、そのような症状が現われないかどうかを観察してください。

絶対に犬に与えてはいけない部分

トウモロコシで絶対に犬に与えてはいけない部分がトウモロコシの芯です。犬がトウモロコシの芯を食べると腸閉塞になることがあります。トウモロコシの芯は消化されないからです。なので、犬にトウモロコシを与える場合には、芯と一緒に与えないようにして下さい。万一、芯を飲み込んだ場合には早めに獣医師に相談しましょう。

まとめ

今回は、トウモロコシが犬に与えるのに注意が必要な食べ物であることをご紹介しました。犬に与えてはいけない食べ物は他にも色々あります。例えばタコやイカ類も与えてはいけませんし、消化の悪いこんにゃくなどもあげてはいけない食べ物です。与えた後に後悔しないために、与えると犬に危険が及ぶ食べ物を知っておくようにしましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました