かぼちゃ ダイエット【体験談・口コミ】量・食べ方・やり方・向き・不向き・効果

ダイエット方法 一覧

ビタミン類や食物繊維が豊富で、食物繊維の働きによる便秘を解消しダイエットを期待できるかぼちゃ。

今回は、かぼちゃダイエットを実践した40代後半女子会社員の方にお話をお聞きしました。

かぼちゃダイエット1週間で何キロ痩せましたか?1ヶ月で何キロ痩せましたか?効果を実感したのは、いつからですか?

0.3キロ 3キロ 2週間くらいからです

ビフォーアフターを教えてください。

54キロ→51キロ。

かぼちゃをいつ食べるようにしましたか?食べるタイミング・時間を教えてください。例)朝、昼、夜、寝る前、おやつ

いつも大体朝食からなのですが、食べられない場合は昼、夜という形でした。

かぼちゃダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

自分がおかずとして作った時に、とてもおいしくて何も味をつけなくても本当にイケてる!かなり感動をしてそれからこれは絶対に行けるなとさつまいもと少し似ていたため、余計なものを食べなくて済みますし、食物繊維もたっぷりで野菜の一種になりますので、あきなかったですし、これは何かと重宝すると感じ、食べれば食べるほど病みつきになる、又スイーツにもできますし体に良く、主食にもできるメリットはここでしかありません。

かぼちゃの一日の摂取量を教えてください。

大体丸ごとにしたうちの4分の1です。

置き換えや作り置きなど、どのような食べ方、やり方をしましたか?方法を教えてください。

煮つけが一番多かったのですが、スープやパイ、プリンなどスイーツにまで作ったりして楽しんでいました。煮つけが一番のご飯代わりの主食でしたが、ずっとでは飽きてしまいますのでスープやシチューなどにしてそれをまた主食にしてみたり、その中に時々ワンタンスープにしてメジャーにしていました。又プリンは自分がとても大好物なのでよく、お泰樹の日などは頻繁ンよく作って食べていました。この際は砂糖などの余計なものは余り入れずにカットしました。

かぼちゃダイエットはなぜ痩せるのですか?痩せる理由も教えてください。

便秘の解消に欠かせない食物繊維が豊富です。 また、カロテンも豊富に含まれて、体内でビタミンAになり、腸粘膜等、粘膜や皮膚を守る、頼もしい栄養素。かぼちゃに含まれる食物繊維の働きによる便秘解消にあり、またカリウムには、体内の余分な水分の排出を促し、むくみを解消する効果がテキメンです。自然な甘みは、ダイエット中の心も身体も満たしてくれます。おやつとしてはかなり適しており、自然な甘みは、じんわり身体を満たしかなり良いです。

かぼちゃを食べて一時的にでも太ることはありましたか?

それは一切ありませんでした。

かぼちゃはダイエットに向いていますか?不向きですか?かぼちゃダイエットの感想を教えてください。

とても向いていると思います。ずっとそのまま出んものだけではなくスイートなど幅広く使えて尚且つカロチンや食物繊維、自然の甘みなど様々な栄養素が取り込まれているので、t中で変に何かと満たされないとう不満などは全くないために、そうした変なリバウンドもなく大変体には良いですので、絶対にお勧めできます。又スープ類などにもかなり適していますので、全くどこで調理しても何でも合いますし、飽きることがまずなかったので、こうした自然な物は是非取り組むことが良いと感じます。

かぼちゃダイエットのメリットを教えてください。

ビタミンやミネラルが多く含まれて、栄養バランスのとれた野菜です。前立腺肥大の予防、ビタミンCが100グラム中に43ミリグラムあります。 また、ビタミンCとともに抗ガン的に作用するカロテンも豊富で、血行をよくし、皮膚や粘膜をも保護し、健康に保つ効果があります。前立腺肥大の予防にも効果大。便通もよくなり、美容や老化を防いでくれます。糖尿病患者はカボチャを常食するとまた効率が良くなります。カリウムがナトリウムの400倍も。

かぼちゃダイエットのデメリットを教えてください

食べ方次第で太る可能性もあります。あとかぼちゃを油や砂糖で調理するともっとカロリーが高くなり、太る原因になります。例えばてんぷらや、ポタージュスープでも生クリームや、バターなどを使っての調理はかえって肥満への原因にもなりかねません。高カロリーになりもっと危険を招きます。グラタンやシチューも、バターや牛乳で脂質が加わるため危険ですし、スイーツもバター、砂糖で高カロリーになりますので、各それぞれヘルシーに味を加える下かなり控えないとかえって無駄になります。

あなたのかぼちゃダイエット実践結果のまとめを教えてください

自然な甘みをとても知るうえで、これからもあまり余計な調味料なども使わずに自分でしたら、ほとんどこのままの味で行けるのでこれからもずっと長い先又少しでも気になったらいつでもd子でも取り組める自信があります。スイーツの差異も砂糖も加えずにそのまま食べられる作れるおいしさも知っているので、そうしたうえでとても楽しみが沢山増えたことによって、まずます磨きがかけられるとまた楽しみでなりません。食べ過ぎないように心構えたいです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました