折り紙を楽しむことのメリット

じっと座って折り紙をするよりも、体を動かしていたほうが楽しいという男の子は多いでしょう。体を動かすことも子どもの発育には大事なことですが、じっと座って折り紙を楽しむこともたくさんのメリットがあります。集中力を磨くことができますし、忍耐力も身に付きます。また、指を動かすことで脳を活性化させることができます。メリットが多いので、男の子にも折り紙を楽しむように助けてあげたいものです。

簡単な電車を作ってみよう。

いきなり難しいものから始めても、挫折してしまうかもしれません。なので、すぐにできてしまう簡単なものから始めるようにしましょう。「折り紙で電車の立体的な折り方!」で検索してください。そのタイトルで上位表示されるサイトに簡単な電車作りが紹介されています。たった4回折るだけで作れてしまうので、4,5歳くらいの子どもでも十分に楽しめます。

折り紙で新幹線を作ってみよう

新幹線が大好きという男の子は多いでしょう。なので、折り紙で新幹線を作ってみませんか?「折り紙で新幹線を!簡単に出来る方法とは?」で検索してください。そのタイトルで上位表示されるサイトに新幹線を作る方法が掲載されていています。シンプルな折り方で手数も少なくできてしまいます。新幹線作りの入門編として、是非おすすめします。

5回折って完成する電車

「5かいでおれる☆かんたん!おりがみ」というサイトもおすすめです。このサイトは5回で折ることのできる電車が紹介されています。折り図がわかりやすく、説明はすべて平仮名です。なので、小さな子どもでも戸惑うことなく折ることができるでしょう。新幹線の折り方も紹介されていますが、たった4回折って完成してしまいます。それら以外にも、バスや車などの乗り物の簡単な折り方が掲載されています。

立体型の電車に挑戦しよう!

上でご紹介した電車は平面ですが、平面に慣れたなら立体型の電車に挑戦してみるのはいかがでしょうか。立体型の電車は難しいように思えるかもしれませんが、作ってみると意外に簡単です。ただ、平面と比べると難易度は高いので、動画を見ながら作ることをおすすめします。ユーチューブで「折り紙 電車」で検索すると、立体型の電車の作り方を紹介している動画が幾つか出てくるので、作りやすいと思えるものから挑戦してみましょう。

今回は、折り紙を使って電車を作る方法を紹介しているサイトを幾つか紹介しました。紹介した作り方はどれも簡単なもので、電車作りの入門編としておすすめします。もし、作り方に慣れてきたなら、お子さんの制作意欲を保たせるために徐々に難しいものに挑戦するよう導いてあげるようにしましょう。この機会に、お子さんと一緒に折り紙作りを楽しみましょう。