魚 ダイエット 痩せた?1週間で効果ある?【口コミ/体験談】種類は何がいい?

ダイエット方法 一覧

低カロリーなためダイエット食材として人気の魚。

今回は、魚ダイエットに成功した30代前半女性にお話しをお聞きしました。

魚ダイエット1週間で何キロ痩せましたか?1ヶ月で何キロ痩せましたか?効果を実感したのは、いつからですか?

1週間で1キロ、1ヶ月で2キロです。効果を感じたのは、1ヶ月過ぎた頃からです。

魚ダイエットにおすすめの魚は何がいいですか?種類を教えてください。なぜ、おすすめですか?例)カツオのたたき、白身、赤身、サバ、鮭など

銀鮭です。肌にも良いからです。

ビフォーアフターを教えてください。魚ダイエットをどれくらいの期間続け、何キロ減りましたか?見た目の変化はありましたか?

3ヶ月で56→53キロ。見た目はかなりシュッとしました。

魚をいつ食べるようにしましたか?なぜですか?例)毎日、朝、昼、夜、寝る前、食前、食後

基本的に夜です。調理に時間のあるタイミングで食べたかったからです。朝や昼は、魚を食べるタイミングが少ないです。

魚ダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

健康維持と肌にも良いと思い、魚ダイエットを始めようと思いました。 私たちの食事はどうしても肉に偏りがちで、魚を食べようと意識しなければ、なかなか難しいです。 特に外食は肉が多くて、魚を食べる機会はありません。 意識的に魚料理を増やすことで、良質な魚の脂を摂取できます。 魚の脂はフィッシュオイルとも言われますが、健康維持に役立つことは、広く知られていることです。 健康維持、体型維持など、さまざまな目的を持って、魚ダイエットを始めてみることにしました。

魚の一日の摂取量(何グラム)を教えてください。

1日100gくらいです。

作り置きまど、どのような食べ方、やり方をしましたか?方法を教えてください。

基本的には、シンプルに焼き魚にしました。 フライパンにオリーブオイルを少量熱し、銀鮭の皮の方を下にして焼きます。 皮を下にすることで、パリッと仕上がるのでおすすめです。 特に鮭は皮に栄養があると言われているので、意識的に食べるようにしていました。 中火〜弱火でじっくりと片面ずつ焼くことで、ふっくら美味しく仕上がります。 他には、鰤の照り焼きもよく作りました。 じっくり煮詰めた甘辛いタレが美味しくて、ご飯が進みます。 私は糖質制限などはしていなかったので、お米は割と食べていました。 お米に合う和食としての魚料理を食べることが多かったです。

魚ダイエットはなぜ痩せるのですか?痩せる理由も教えてください。

魚料理は脂を使うことが少ないので、痩せやすいと言えます。 また、和食として調理する機会が増えるので、自然と痩せやすいメニュー作りとなっているのでしょう。 やはり肉料理は脂を使うことが多いですし、そもそも食材に脂分が多く含まれています。 例えばすき焼きはたっぷりの牛脂に、サシが入ったお肉。 鶏もも肉の唐揚げは、油で揚げることで、衣がたっぷりと油分を吸い込みます。 しかし、魚は焼き魚や煮魚、もしくは刺身などで食べることが多いので、油の摂取量が減ります。 そんな魚料理に合わせて、和食のメニューになります。 和食はヘルシーでダイエット向きの料理が多いです。

魚ダイエットで一時的にでも太ることはありましたか?

ありませんでした。

副作用や弊害など危険性はありましたか?

ありませんでした。

魚はダイエット向きですか?不向きですか?魚ダイエットの感想を教えてください。

魚はダイエット向きの食材と言えます。 魚に含まれるDHAやEPAは、良質な脂質として、脂肪の燃焼をサポートしてくれます。 血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれる働きもあり、血液がサラサラになります。 血液がサラサラになることで、全身にくまなく栄養や酸素などが行き届きます。 そうすることで、内臓や細胞が活発に動き出します。 身体に必要のない老廃物を体外に出す作用が活性化し、基礎代謝も上がります。 いわゆる、痩せやすい身体作りに欠かせないのが、魚と言えるでしょう。

魚ダイエットのメリットを教えてください。

魚ダイエットのメリットは、痩せるだけでなく、肌が綺麗になることです。 特に鮭や金目鯛などは、抗酸化成分であるアスタキサンチンが豊富です。 ダイエットと美肌を目指す人には、ぜひおすすめしたいと思います。 また、調理のバリエーションが豊富で、飽きずに続けることができます。 刺身や焼き魚、煮魚、洋風だとムニエルなど、意外と調理方法はたくさんあります。 また、時期によってさまざまな種類の魚を食べることができ、季節や魚の旬を身近に感じることができます。

魚ダイエットのデメリットを教えてください

魚ダイエットのデメリットは、頻繁にスーパーに行かなくてはならない点です。 お肉は買いだめや冷凍ができますが、魚はそれが難しいです。 基本的にその日に食べなければなりません。 刺身などの生で食べるものは、特に鮮度が命です。 焼き魚や煮魚などの火を通す調理法だとしても、購入した翌日だと少し臭みが出てしまいます。 やはり魚は購入した当日に食べると言うのが、鉄則だと思います。 もちろん冷凍すれば臭みが強くなるので、避けたいところです。

あなたの魚ダイエット実践結果のまとめを教えてください

魚ダイエットを実践して、痩せると同時に、魚を食べる習慣がついたのが嬉しいです。 魚を食べる習慣がなかった私ですが、意識して魚を選ぶようになりました。 調理方法を考えたり、メニューを考えるのも楽しい経験でした。 また、鮭やサーモンを選ぶことで、肌が綺麗になったと感じています。 美味しく魚を食べて、肌まで綺麗になったら、これ以上嬉しいことはありません。 現代社会において、やはり肉を選ぶ機会が多いです。 しかし、魚を食べて美味しく痩せることができることは、特に若者に知ってもらいたいです。 無理せず栄養を摂りながら、楽しくダイエットができました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました