そうめんダイエットは痩せる?効果は?食べ方・量・太る?瘠せた?やり方・向き?不向き?夜

食事系

簡単に用意できるので、夏のダイエット食として活用する人も多いそうめん。

今回は、そうめんダイエットを実践した30歳会社員(女性)の方にお話をお聞きしました。

そうめんダイエット効果をいつから実感しましたか?1週間で何キロ痩せましたか?1ヶ月で何キロ痩せましたか?

夏が終わる頃。1週間で0.5キロ。1ヶ月で3キロ。

そうめんダイエットの結果はどうでしたか?ビフォーアフターを教えてください。

50キロ→46キロ

そうめんダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

元々そうめんが好きで、よく食べていたから、続くかなと思って始めました。普段食べているものなので、あまり抵抗なく始めれそうと思ったのがきっかけです。ほかの食事のダイエットは、普通は単品で食べて食事とするようなものでないもの(例バナナ)で食事の置き換えをするが、そうめんに関しては、ダイエットをしていない人でも普通に食事として食べるものだから。痩せたいが、健康的に痩せれなければ意味がないと思っていることと、続けられそうなこと、をメインに考えました。

そうめんをいつ食べましたか?食べるタイミングを教えてください。朝食、昼食、夕食、三食毎食、寝る前、間食のどれですか?なぜ、そうしましたか?

お昼、夜。ただし、家にいるときだけ。

置き換えなど、どのようなやり方・食べ方をしましたか?

家にいる際の昼食と夕食をそうめんに置き換えました。トッピングには気を配り、カロリーが高くなりすぎないように気をつけました。また知人と会う時など外食の際は制限せずに好きなものを食べるようにしており、メリハリをしっかりとつけていました。夏は普通にそうめんで、寒くなってきたら入麺にすることで、無理なく食べられるようにしました。アレンジ方法が多いですが、カロリーがあがって本末転倒にならないように気をつけながら色々試しました。

一食で食べる量(何グラムなど)を教えてください。

1人前〜1.5人前

そうめんはダイエットに向き、不向のどちらですか?なぜそう思うか教えてください。

向いていると思います。普通に食事として誰しも摂取したことがあり、置き換え自体も苦にならないから。特に夏場はお昼にそうめんを食べる人が多い印象であり、ダイエットを考えていない人でも食べるものだから、無理なく続けられる。複数人でチャレンジしていれば、流しそうめんなどイベントとして楽しむこともでき、飽きがきにくいと思うから。また、少し多めに食べてしまってもダイエットにあまり支障がなく、我慢する必要がないから。

そうめんダイエットはなぜ痩せるのですか?痩せる理由も教えてください。

カロリーが少ないから。ダイエットの最大の関門は続けることだと思っていて、少しでも無理があると続けられなくなってしまうことが多いが、そうめんダイエットは、とても続けやすいから。何より、ダイエットをしていない人でも、夏などそうめんを食べる機会が多い人も多く、ダイエットをしている感覚をあまり感じずに行うことができるから。経済面でも無理が生じにくいのも続けやすい要因の一つだと思います。乾麺を買えば日持ちするのも良いと思います。

そうめんダイエットで、一時的に太ることはありましたか?

なかったです。

そうめんダイエットのメリットを教えてください

無理なくダイエットを続けることが出来ることが最大のメリットだと思います。続けやすい要因がとても多いと思います。元々そうめんが好きな人にはうってつけだと思います。また暑くなり始めた頃に始めやすいので、痩せたいと思うタイミングではじめやすいのもメリットだと思います。どんなに良いダイエットでも金銭的負荷が大きいと続けにくくなってしまうため、気兼ねなく続けられることも良いと思います。成果が出なくても気長に続けやすいと思います。

そうめんダイエットのデメリットを教えてください

栄養が不足する可能性があると思います。そうめんの楽しみの一つであるトッピングにも、制限が加わってしまうため、色々載せて楽しみたい方には我慢が生じる可能性があります。外食が多い方には難しいと感じます。私は外食の時は全く別のものを食べていましたが、外食でそうめんを食べるのはハードルが上がると思います。また複数人で外食するようなお店だとそうめんに色々乗っていることが多く、結果的にダイエットにつながらないような食事になってしまうことが多い印象です。

あなたのそうめんダイエット体験談のまとめを教えてください

元々そうめんが好きで、夏はよく食べていました。ある夏、せっかくならそうめんダイエットをしてみようと試すと、とても効果があり、楽しく痩せることができて、とても良かったと思っています。乾麺では賞味期限も長く買いだめができるため、頻繁に買い物に行く必要がなく、金銭的負荷も少なく、トッピングで気分転換できるので、ストレスなく続けられました。経過はあまり気にせず、途中体重計にはほとんど乗らなかったのも、継続の秘訣であったかなと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました